岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 08日

憲法便り#952:憲法普及会編 『新しい憲法 明るい生活』(連載・第一回)

2015年5月8日(金)(憲法千話)

憲法便り#952:憲法普及会編 『新しい憲法 明るい生活』(連載・第一回)

*********************************************
以下は、【再録】の記事です。

2013年5月8日
憲法便り#3『新しい憲法 明るい生活』(第一回)

 今日から3回にわたって、憲法普及会編『新しい憲法 明るい生活』(1947年5月3日)を紹介します。

 『新しい憲法 明るい生活』は、新憲法が施行された1947年(昭和22年)5月3日付で「憲法普及会」が非売品として刊行したもの。
 同書は、A6判30頁で、活字版二千万部が全世帯に配布されたほか、約十万人の視覚障害者のために点字版も刊行、配布されました。構成は、発刊のことば、解説部分(1―13頁)、憲法前文及び条文(14―30頁)からなり、表紙には「大切に保存して多くの人人で回読して下さい」と書かれています。小冊子とは言え、敗戦後の紙不足を考えれば、大変な事業であり、同書の刊行、全世帯配布は、憲法普及会が行った活動の中で最も大規模な取り組みでした。
 内容は大人向きの解説で、挿絵は端的かつユーモラスに満ちています。戦争放棄の挿絵は、同書の刊行から5ヶ月後の8月2日に文部省から中学生教科書として出版された『あたらしい憲法のはなし』で有名な「るつぼ」の絵の原型です。
 当時の点字版が公的機関に残っていないため、岩田が2008年に解説部分の点字版を自費出版して、国立国会図書館及び全国に約八〇館ある点字図書館と、『点字毎日』で知った希望者に贈呈しましたが、その後も希望があり次第、贈呈を行っています。
 憲法普及会は衆議院、貴族院、政府により創設されました。1946年12月1日に発足し、「新憲法の精神を普及徹底し、これを国民生活の実際に浸透するよう啓蒙活動を行うことを目的として」一年間全国的な活動を行いました。本部は帝国議会内に置かれ、会長には芦田均が就任しました。

 連載の第一回は、表紙、発刊のことば、及び1-3頁です。

c0295254_62404.jpg

c0295254_710199.jpg

c0295254_711325.jpg

c0295254_7115916.jpg

c0295254_7122366.jpg

 なお、憲法普及会の活動全般については、『心踊る平和憲法誕生の時代』の第六部(220―232頁)をご覧ください。

 続きは、また明日

※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-05-08 19:58 | 新しい憲法 明るい生活


<< 憲法便り#953:憲法普及会編...      憲法便り#951:『日本国憲法... >>