岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 19日

憲法便り#1004「内乱、騒擾その他の非常事態への方策は如何に」:『検証・・』(第六版)第五章(6)

2015年 05月 19日(火)(憲法千話)

憲法便り#1004「内乱、騒擾その他の非常事態への方策は如何に」:『検証・・』(第六版)第五章(6)

前回までは、
憲法便り#1003 「国際連邦へまで提唱を発展させるべき」:『検証・・』(第六版)第五章(5)
憲法便り#1002「歴史の教えるように、戦争は戦争を製造している」:『検証・・』(第六版)第五章(4)
憲法便り#998 「戦争放棄は、前文又は総則を構えて謳うべき」:『検証・・』(第六版)第五章(3)
憲法便り#997 黒田壽男議員「民主的憲法の配列として、戦争放棄を冒頭に」:『検証・・』(第六版)第五章(2)
憲法便り#996 第九十回帝国議会 衆議院憲法改正案委員の構成」:『検証・・』(第六版)第五章(1)

『検証・憲法第九条の誕生』(増補・改訂 第六版)(p.55ー56)より
第五章 第九十回帝国議会 衆議院憲法改正案委員会の論議(6)



【第九回委員会】七月九日(火曜日)
午前十時二十一分開議、午後三時三十八分散会
出席委員五十七・国務大臣十・政府委員七名


竹谷源太郎委員(無所属倶楽部)の質問
「内乱、騒擾その他の非常事態への方策は如何に」


竹谷委員 それから、国家がすべての武力を備えない、戦争を放棄する、この趣旨には無論賛成でありまするが、将来国家が内乱、騒擾その他の非常に緊急な非常事態に遭遇致しました場合、結局実力が必要になって来る。そこで緊急措置に関しましては、参議員が代行するなり、或いはその他の方法に依りまして、法的措置は何時でも簡単に講ぜられるかも知れませぬ。問題となるのは、実力を如何にして工面調達するかという問題になると思います。これに関する政府の方針を承りたいと思います。兵力がありませぬので、現在は残された僅かの警察力に過ぎない。その場合、一体、非常事態は法律的にはああする、こうすると取り締まりの規定を設けることが出来ますけれども、これを実施するのは結局実力の問題である。実力を如何に工面調達するか。

金森国務大臣 第九条を規定致しますることの結果、国内に起りました諸種の治安の適切なる方策如何というようなご趣旨でありましたが、この憲法の趣旨は第九条に掲げること以外におきまして、平和秩序の国家において持ち得る種々なる方策、つまり警察権を中心とするものでありますが、それに依って国内の治安を維持しよう、それは最善の努力を費やして行くべきものである、こういう風に考えて居ります。もしまた、その方法を以って如何ともすべからざる特殊の場合を予見致しますることは、この憲法の具体的規定としては不適当と考えて、それは何ら規定はございませぬ。前文の中にこの心持ちを彷彿として表わす程度の用意はしてある訳であります。」

『憲法便り#1005』へ続く。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-05-19 14:45 | 自著連載


<< 憲法便り#1005「戦争放棄が...      憲法便り#1003 「国際連邦... >>