岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 19日

憲法便り#1007 芦田均委員長(日本自由党)の質問:『検証・・』(第六版)第五章(9)

2015年 05月 19日(火)(憲法千話)

憲法便り#1007 芦田均委員長(日本自由党)の質問:『検証・・』(第六版)第五章(9)

第五章の前回までは、
憲法便り#1006 森 三樹ニ委員(日本社会党)「我々は戦争を放棄して、永遠に戦争から解放されて、我々の子孫は平和な住みよき国家に生存することが得られる」:『検証・・』(第六版)第五章(8)
憲法便り#1005 藤田榮委員(新光倶楽部)「戦争放棄が、自衛としての戦争を含むのか」:『検証・・』(第六版)第五章(7)
憲法便り#1004 竹谷源太郎委員(無所属倶楽部)「内乱、騒擾その他の非常事態への方策は如何に」:『検証・・』(第六版)第五章(6)
憲法便り#1003 赤澤正道委員(新政会)「国際連邦へまで提唱を発展させるべき」:『検証・・』(第六版)第五章(5)
憲法便り#1002 林 平馬委員(協同民主党)「歴史の教えるように、戦争は戦争を製造している」:『検証・・』(第六版)第五章(4)
憲法便り#998 穂積七郎委員(無所属倶楽部)「戦争放棄は、前文又は総則を構えて謳うべき」:『検証・・』(第六版)第五章(3)
憲法便り#997 黒田壽男議員(日本社会党)「民主的憲法の配列として、戦争放棄を冒頭に」:『検証・・』(第六版)第五章(2)
憲法便り#996 第九十回帝国議会 衆議院憲法改正案委員の構成」:『検証・・』(第六版)第五章(1)

『検証・憲法第九条の誕生』(増補・改訂 第六版)(p.63ー67)より
第五章 第九十回帝国議会 衆議院憲法改正案委員会の論議(9)


【第九回委員会】七月九日(火曜日)
午前十時二十一分開議、午後三時三十八分散会
出席委員五十七・国務大臣十・政府委員七名



芦田均委員長(日本自由党)の質問
「戦争放棄の宣言は、廃墟の中に呻吟する人々の衷心から出た要求であることは、間違いないと思う。」「戦争の放棄の大理想を通じてのみ、再建と独立との大道を歩むことが出来るのであろうと思います。」


芦田委員長 問題を少しく具体的に取り扱うことに致します。今回の憲法改正案には二つの面のあることは、よく我々の承知するところであります。その一つは、日本の国家機構から一切の封建的な残滓(ざんし=のこりかす)を取り除いて、真に民主的な国会制度、内閣制度、司法制度を確立せんとする現実的構成法的の部門であります。他の一つは国内において基本的人権を尊重し、諸外国との間に平和的協力を成立させ、国際社会に伍して、名誉ある地位を占めようと努力する意思表示でありまして、多分に将来の国際生活に対する理想主義的な分子を含む面であります。即ち、平和日本の道義的水準を国際水準にまで高めようとする意思表示と、この理想を実現するために国内機構の確立を行うことが、改正案の主たる狙いであろうと思います。改正憲法第九条に規定は、本委員会においても熱心に論議されました、政府の説明と、委員諸員の質問とは、必ずしも全面的に合致したとは考え得ませぬ。要するに戦争放棄の宣言は、廃墟の中に呻吟(しんぎん=うめくこと)する人々の衷心から出た要求であることは、間違いないと思う。マッカーサー元帥はこれに関して、世界各国ともかようでありたいとの思想を述べて居ります。我々はマッカーサー元帥の思慮がいずれにあるかを、見誤ってはならないと思う。日本は戦争の防止、戦争の放棄の大理想を通じてのみ、再建と独立との大道を歩むことが出来るのであろうと思います。この点に付いて、改めて政府の所信をお尋ね致します。

金森国務大臣 私共の念願として、この憲法の中に盛り込まんとした趣旨は、全くいまお示しになりました通りの事柄でございます。

芦田委員長 私は主として、改正案の前文と第九条とに付いて具体的に考えて見たいと思いますが、この部門における憲法の改正は、先刻内閣総理大臣の言及されました通り、国際連合憲章と緊密な関係に立って考慮せられなければならないと信じます。言葉を換えて申せば、日本が一年前まで国際連合加盟国の敵国であった事実、また現に連合国の管理の下にある事実、および日本が過去において平和維持の努力に欠くる所あった点から申せば、この際思い切った思想の転換をなすにあらずんば、我が国が再び国際社会に復興することは、極めて困難な事業であると考えるのでありますが、政府は私の所説と見解を同じくせられますかどうか、お伺い致します。

金森国務大臣 前文および第九条を設けました趣旨は、この憲法改正案の企ての根本の理由に基づきまして、国際的および国内的の両面から来て居るものでありますが、これを国際的の面から説明を致しますれば、いまお尋ねになったそのご趣旨の通りと思って居ります。

芦田委員長 憲法改正案は、我が国をして平和愛好国の水準にまで高めるに止まらず、更に進んで日本の努力が一切の戦争を地球表面より駆逐(くちく)せんとするにあることを表明致して居ります。そうして、この理想は国際連合の究極の理想と合致するものであることは、国際連合憲章の第四条を見れば明白であると思います。もとより現在の世界情勢から見て、我が国がいま直ちに国際連合に参加し得るとは思えませぬ。何となれば、連合国が日本に国際連合憲章に掲げたる義務遂行の能力および意志ありと認めることが加盟の先決問題でありまして、今日は遺憾ながら、まだその時期に達していないからであります。日本がポツダム宣言の条項を完全に履行する能力と意志を持ち、かつ国際連合憲章の理想と原則とに合致する平和的かつ民主的なる責任政府が確立される場合、そうして広く世界からこれを認められた時に、我が国は国際社会において名誉ある地位を回復することが出来るのであります。かような点から考えて見れば、我が国の憲法改正は日本が国際連合に加盟し、平たく申せば、国際社会に名誉ある地位を占める先決条件を成すものと考えて居るのでありますが、政府の所見をお尋ね致します。
金森国務大臣 今後如何なる国際情勢の変化があるか、これは我々は予測することは出来ませぬけれども、速やかに国際社会に伍して名誉ある地位を占めたいという念願はこの前文の中に明らかにしてあるところであります。いま委員長のお示しになりましたような方向に進む考えを以って、この憲法の起案を致しました訳であります。

芦田委員長 更に問題を具体的に考えまして、改正案第九条を検討致しますと、ここに三つの問題があります。
第一は、法案第九条の規定に依れば、我が国は自衛権をも放棄することになるのかどうか、この点は本委員会において多数の議員諸君より繰り返し論議せられた点であります。
第二には、その結果日本は何だか国際的保障でも取り付けない限り、自己防衛をも全うすることが出来ないのか、延(ひ)いて他国間の戦争に容易に戦場となる虞(おそれ)はないかという点であります。
第三は、一切の戦争を放棄した結果、日本は国際連合の加盟国として武装兵力を提供する義務を果たすことが出来ないから、国際連合への参加を拒否せられる虞(おそれ)はないかという点であります。
以上の三点に付いて、国際連合憲章の規定と照らし合わせて考える場合、私は次の如き結論が正しいのではないかと思います。
不幸にして、自衛権の問題に付いての政府の答弁は、やや明瞭を欠いて居ります。自衛権は国際連合憲章においても第五十一条において、明白にこれを認めて居ります。ただ自衛権の濫用(らんよう)を防止するために、その自衛権の行使に付いては、安全保障理事会の監督の下に置くように仕組まれて居るのであります。改正案第九条が成立しても、日本が国際連合に加入を認められる場合には、憲章第五十一条の制限の下に自衛権の行使は当然に認められるのであります。ただその場合においても、武力なくして自衛権の行使は有名無実に帰するではないかという論がありましょう。しかしながら、国際連合の憲章より言えば、日本に対する侵略が世界の平和を脅威して行われる如き場合には、安全保障理事会は、その使用し得る武装軍隊を以って日本を防衛する義務を負うのであります。また我が国に対しましても、自衛のために適宜の措置を執ることを許すものと考えて多く誤まりはないと思います。この点に付いて、政府の今日までのご答弁は、やや明瞭を欠くように考えられますから、この場合明白に、その態度を表明せられんことを希望致します(拍手)。
金森国務大臣 将来、国際連合に日本が加入するということを念頭に置きまする場合に、現在の憲法の定めて居りまするところと、国際連合の具体的なる規定が要請して居りまするところとの間に、若干の連係上不十分なる部分があることは、これは認めなければならぬと思います。しかしながら、その時に何らかの方法を以ってこの連係を十分ならしめる措置は考慮し得るものと考えて居りまして、必要なる措置をその場合に講ずるという予想を持って居ります。

芦田委員長 法案第九条に関する第三点、即ち日本が一切の戦力を廃止する結果、国際連合国としての義務を果たし得なくなるから、連合加盟を許されないかも知れないという論、あまりに形式論理的であります。日本が真に平和愛好国たる事実を認められたる場合には、かかる事態はあり得ないと考えて間違いないと思うのであります。いずれに致しましても、本改正案の目標は、我が国が国際連合に加盟することに依って初めて完全に貫徹し得るものであることは、明らかであろうと思います。けれども問題はそればかりで終るのではありませぬ。日本が平和国家、文化国家として内外に認められるに至るには、我が国民の間断なき努力を必要とするものと信じます。私は最近、文化国家という文字が、あまりに手軽に易々と叫ばれることに、不安の念を抱く者であります。一つの民族の実力、世界における地位、民族生存の意義、人類に対する責任、すべてこれらが文化にあるということは、心ある者の皆知るところであります。然るに日本の今日に立ち至ったのは、現代に住む我々日本人が歴史最大の過ちを犯したというのは、全く日本の文化の程度が低く、その内容が貧弱であり、また文化の精神と本質とが国民に十分理解せられて居なかったことに基づくものであると信じます(拍手)。
この憲法改正案を提案された吉田内閣は、単に紙に書いた案文を議会に呑み込ませることを以って、責任が終るのではありませぬ。この憲法の目指す方向を国民に理解させ、憲法改正の裏付けとなるべき国民文化の向上に渾身(こんしん)の努力を致さるべきであると思います(拍手)。それのみが戦争の勃発を防止する方法であるとさえ信ずるのであります。吉田内閣はこの画期的な時期に国民指導の大責任を負うて政府に立たれました。この機会にこそ、閣僚諸公は奮起して国民の自覚を呼び起こし、世界に呼びかけて国際平和の実現に挺身(ていしん)せらるべきであると思います。然るに、憲法改正案の審議においてさえ、閣僚諸公の熱意は、はなはだ上がらざるが如くに見えまするが故に、このことは決して国民を安堵(あんど)せしむる所以ではないと思います。幸い吉田内閣には、多年憲政のために尽瘁(じんすい=力を尽くして労苦すること)せられた政治家を持って居られる、これらの政治家が真にその熱意とその気迫とを以って国民の指導に当たられることは、我々の日夜念願致して居るところであります。これに付いて政府より答弁を得ることは期待致しては居りませぬ。しかしながら、もし何らか、この際、その所信をご表明下さるならば、喜んで拝聴致したいと思います(拍手)。

金森国務大臣 総理大臣からご答弁を願おうと思って居りましたが、私がこの問題に付きまして、当面の責任の地位に立って居りまするが故に、一言お答えするお許しを願いたいと存じます。この憲法はご覧の如く、またご承知を多分は戴いて居るかの如く、何千年の歴史を経過致しました日本において、まだかって考えられたこともない大いなる変革をもたらすものであります。我々は、単に変革をもたらすことを目的として居るものではない。真にこの変革の現実の効果を世界の舞台において、また日本国民のために完全に遂行して、有終の美を遂げたいと思うのでありまして、この憲法の草案は、これは確かに「インク」を以って書かれて居るものでありますけれども、私共の立場から申しますれば、全精神を以ってこれを文字に表わしたものと信じて居るのでありまして、いま委員長からお話しになりました点は、いままでの私共の態度が悪かったかも知れぬ、或いは努力が足りなかったかも知れませぬが、内心は決してそうではない、十分この憲法を実現し、同時に日本全局の文化国家建設の一路に、ただ私一人の立場をここに挟んで申しますれば、捨て石の捨て石になっても、宜しいという信念の下に臨んで居る次第であります。

芦田委員長
これにて一般質疑は終了致しました。明日は準備の都合上一日休むことに致します。明後日、午前中は金森国務大臣所用のため本委員会を休みまして、午後一時半より開会致します。そうして逐条審議に入る予定であります。本日はこれにて散会致します。

第五章はこの回で終わり。
第六章へと続く。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-05-19 20:22 | 自著連載


<< 憲法便り#1008 第九条:野...      憲法便り#1006 「我々は... >>