2015年 06月 09日

憲法便り#845: 「6・7 怒りの大集会」の会場近くの公園に、異様な集団が!(6月11日補訂版)

2015年6月9日(火)(憲法千話)
2015年6月11日(木)一部改題・補訂

憲法便り#845: 「6・7 怒りの大集会」の会場、「銀座ブロッサム」近くの公園に、異様な集団が!
憲法便り#845: 「6・7 怒りの大集会」の会場近くの公園に、異様な集団が!(6月11日補訂版)

『憲法便り#844』で、会場の「銀座ブロッサム」ホール入口に、
警察車輌が停まっていたことにはふれた。

ところで、有楽町線新富町駅から会場に向かっていた時に、
異様な集団を見かけた。

地図に、赤い印を付けたが、
会場入口から30メートルほどの近いところにある、
小さな公園に20名ほどの男性が立っていた。

彼らは、全員が顔を隠すように大きな白いマスクをしており、
同じ帽子を被り、同じような服装をしている。

地図に、ココです⇒と書かれた矢印の先端の位置にパトカーが一台停まっていたが、
彼らの視線は、そのパトカーの方向一点に集中している。

緊張した面持ちで立っていて、
話している者は、一人もいない。

勿論、タバコを吸っている訳ではなく、
カメラも持っていない。

彼らの姿を見ていて、ふと、
学生時代に参加したデモの先頭付近に、
私服警官や公安が、ゾロゾロと付いてきたことを思い出した。

彼らに直接聞いていないので、
これ以上は、推測になるから、
具体的には書けない。

だが、彼らは、あからさまに、国民を監視して、威圧し
国民の萎縮を狙っている人たちなのではないかと思う。

なぜなら、パトカーや、警備車輌からもすぐぞばのところにいるから、
妨害しに来た右翼集団ならば、会場から遠ざけられる筈である。

だが、そのような動きもなかった。
だから、他には、考えようがないのである。

いずれにしても、嫌な時代になった。
c0295254_11232317.jpg
*********************************************
以下は、再録です。

2013年10月31日

憲法便り#415 集会妨害国賠訴訟・東京高裁不当判決について

「10・13集会妨害国賠を支援する会ニュース」(2013年10月23日)は、司法の反動化を象徴するような、高裁の不当判決の詳細を伝えていますので、全ページをコピーにより紹介します。c0295254_21403128.jpg


c0295254_21393928.jpg
c0295254_2139224.jpg
c0295254_21375424.jpg


※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
歴史的事実をもって、安部首相と石原慎太郎議員の「押し付け憲法」論のデタラメを打破するこの本が十万部普及すれば、闘いは必ず勝てると思っています。
安倍首相と石原慎太郎議員は、「ウソも百回言えば真実となる」というヒットラーばりのデマを繰り返しています。
ならば、本書の真実で、世論の千倍返しを!
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-06-09 13:15 | 憲法関係の活動


<< 憲法便り#846: 教科書問題...      憲法便り#844:本の力を感じ... >>