2015年 06月 14日

憲法便り#861:安倍首相は、答弁ではなく、ダブルトークと呼ばれる卑劣な手段を繰り返している!

2015年6月14日(日)(憲法千話)

憲法便り#861:安倍首相は、答弁ではなく、ダブルトークと呼ばれる卑劣な手段を繰り返している!

安倍首相は、質問に対して、同じ「答弁」を繰り返している。

これは、彼が、「頭が悪い」というだけでは済まされない。

英語で、「タブルトーク(double talk)」と呼ばれる、
卑劣な政治的手段を用いていることを、はっきりと指摘しておかなければならない。

これも、彼のブレーン、いや取り巻きの入れ知恵であろうと考えられる。

『ランダムハウス英和大辞典 第2版』(小学館)によれば、
次の説明がある。

double talk n.(名詞) 
①もっともらしい言葉の中に無意味な片言を交えた早口のおしゃべり ; ちんぷんかんぷん。
②(特に、政治的な)わざとあいまいにした[ごまかした]言葉。

まっとうな答弁ではなく、ダブルトークを繰り返して時間稼ぎをするのは、
議会制民主主義の蹂躙である。

質問した議員に対してばかりではなく、
国民全体に対する、侮辱である。

許せない!

安倍首相よ!
ごまかしをやめて、
質問に正対した、
本当の答弁をなさい!
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-06-14 10:22 | 首相ウオッチ・首相の一日


<< 憲法便り#862:安倍首相よ!...      憲法便り#860: 2015年... >>