岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 21日

憲法便り#886 「憲法フォークジャンボリー in 東京 2015」表現者としての思いを送りました

2015年6月21日(日)(憲法千話)

憲法便り#886 「憲法フォークジャンボリー in 東京 2015」表現者としての思いを送りました(200字)。

「憲法フォークジャンボリー in 東京 2015」は、
7月31日(金)から8月2日(日)の三日間。

会場は、東京労音R’sアートコート

私の出演予定は、2015年7月31日夕刻(正確な時間帯は、これから決定)。

表現者(出演者)の思い(200字)

『講談日本国憲法の誕生』

本邦初演!
 
岩田才之助(実は、憲法研究者岩田行雄)が、満を持して放つ講談『日本国憲法誕生秘話』第一弾。
「憲法研究会」に集う昭和の七賢人が書き上げた『憲法草案要綱』と、それに基づくGHQ草案の作成。

アメリカ製憲法の押し付けではなく、日本原産の日本国憲法。

独々逸(どどいつ)「犬死でなかった証拠にゃ新憲法の どこかにあの子の血がかよう」に込められた、
母の悲しい思いを二度と繰り返させないための、読み切りの一席。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-06-21 19:53 | 憲法関係の活動


<< 憲法便り#886: 2015年...      憲法便り#885 ジャン・ユン... >>