岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 13日

憲法便り#1054日弁連(日本弁護士連合会)が全会一致で「戦争法案」に反対している意味は大きい!

2015年7月13日(月)(憲法千話)

憲法便り#1054日弁連(日本弁護士連合会)が全会一致で「戦争法案」に反対している意味は大きい!

日弁連は、会員数36,429人(2015年7月1日現在)。

日本では、司法試験に合格した後、三つの進路がある。

裁判官、検察官、弁護士。

これが日本の法曹界を担う人達である。

弁護士白書2011年版98ページによれば、2011年4月現在で、
裁判官2,850人(最高裁判事、簡易裁判所判事を除く)、
検察官1,816人(副検事を除く)である。

裁判官、および検察官は、定員がそれほど増えないので、
人数は、当時とあまり変わらない。


彼らは、職務上、「戦争法案」に、たとえ反対でも、軽々に発言出来ない。

裁判官と検察官を併せて、約5、000人。

それに比して、弁護士は、7倍以上の36,429人(2015年7月1日現在)。

すなわち、法律家の大多数が、「戦争法案」に反対しているのだ。

この意味合いは、とてつもなく大きい。

憲法学者、元内閣法制局長官、元最高裁判事、そして日弁連。

さらには、日を追うごとに、全国各地、国民の各層における「反対行動」は、急速に広がっている。

どちらを向いても、自公政権は、追い詰められている。

わずかに、元自衛官の大学教授などを狩り出して、賛成意見を述べさせているが、
底は知れている。

「安倍政権に次ぐ!」

「あなた方は、完全に包囲されている!」

「無駄な抵抗をやめて、国民の前に出て来なさい!」

「そして、戦争法案を廃案にしなさい!」
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-07-13 16:38 | 戦争法反対行動・声明


<< 憲法便り#1055 地方議会が...      憲法便り#1053 何だこれは... >>