2015年 07月 21日

憲法便り#1066 「押し付け憲法」論への反論を連載します。

2015年7月21日(火)(憲法千話)

憲法便り#1066 「押し付け憲法」論への反論を連載します。

先日、妻の知人が、「戦争法案」反対の署名を集めるために、家庭訪問をしていた時の話。

インターホン越しに、「平和憲法を守るために・・・」話を始めたところ、「うちのインターホンは20秒で切れる。それに、押し付けられた憲法じゃないか!」と言われて、話に詰まってしまい、悔しい思いをしたという。

その知人は、私の講演をお聞きになっているし、拙著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』も購入して下さっている。

だが、そのような場面に出会うと、とっさには言葉が出ないと思う。

相手が、話を聞く態度であれば、順序だてて話をすればいいのだが、なかなかそうはいかない。

したがって、最低限、知っていて欲しいことを、何回かに分けて、掲載することとした。

ぜひ、利用していただきたい。

そして、拡散していただきたい。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-07-21 20:11 | お知らせ


<< 憲法便り#1067 GHQ草案...      憲法便り#1065 安倍ジョー... >>