2015年 08月 02日

憲法便り#1090戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月2日付『朝日新聞』の場合

2015年8月2日(日)(憲法千話)
2015年8月3日(月)標題の日付訂正」8月1日⇒8月2日

憲法便り#1090 戦争をあおり続けた新聞の戦争加担:昭和20年8月2日付『朝日新聞』の場合

今回は、はじめに『外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」』を紹介し、
次に、昭和20年8月2日付『朝日新聞』の紙面を掲載する。
*********************************************
以下は、【再録】です。

2013年 08月 02日
憲法便り#161 昭和20年8月2日 B29八百機、鶴見、川崎、水戸、八王子、立川、長岡、富山を空襲

外務省編纂『終戦史録』の「太平洋戦争日歴」
昭和20年8月2日(木)

[日本]
B29鶴見、川崎、水戸、八王子、立川、長岡、富山を空襲(約八〇〇機参加、有史以来の大空襲)

[外国]
ポツダム会談終る(ドイツ管理に関するポツダム宣言発表)。
トルーマン離独訪英、英皇帝と交歓、軍艦オーガスタで帰米の途につく。

(注)憲法便り#151に、昭和19年10月以降の、沖縄、日本本土への爆撃、艦砲射撃の日歴を記載した。(上記以外の地域への日本軍に対する攻撃は対象外とした)
この日歴を見れば、「ポツダム宣言黙殺、戦争邁進」の声明が、如何に無謀で、無責任で、馬鹿げたものであったかが判る。

※本書『心踊る平和憲法誕生の時代』の注文については、こちらから
********************************************
c0295254_1152266.jpg
c0295254_116233.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2015-08-02 11:15 | 太平洋戦争日歴


<< 憲法便り#1091 川内(せん...      憲法便り#1089: 『憲法便... >>