2015年 08月 18日

憲法便り#1185:慶応大学の良心的な人々に贈る、初公開・岩田行雄著『慶應義塾図書館秘話』

2015年8月18日(火)(憲法千話)

憲法便り#1185:慶応大学の良心的な人々に贈る、初公開・岩田行雄著『慶應義塾図書館秘話』

昨日、「平和主義の実現を目指す慶應義塾有志の会」の存在を知りました。
皆さんに、連帯の気持ちを込めて、応援のメッセージを送ります。

ここに掲載する『慶応義塾図書館秘話(上)』は、私が、かつて勤務していた洋書店・ナウカ株式会社の社内報『わ』No.9(1988年1月10日)に執筆したものです。

社内からは、何の反応もなかったので、(下)は、執筆しませんでした。

以前から、いつか公表したいと思い、そのタイミングを考えていましたが、「平和主義の実現を目指す慶應義塾有志の会」の存在を知った今が、最もふさわしいと考え、掲載を決めました。

戦前の、思想弾圧が厳しい時代に、慶応儀塾大学の関係者が、非合法下に置かれていた日本共産党の幹部である野坂参三の本を買い取る形で、資金援助をしたことは、驚きです。

この秘話が、「平和主義の実現を目指す慶應義塾有志の会」の皆さんの励ましになることを願っています。
c0295254_15354238.jpg



※岩田行雄編・著『世論と新聞報道が平和憲法を誕生させた!』(『心踊る平和憲法誕生の時代』の改題・補訂第二版)の注文については、こちらから
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-08-18 15:38 | エッセー


<< 憲法便り#1186:『憲法便り...      憲法便り#1184:朝日新聞編... >>