岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 23日

憲法便り#1213:表参道入口の石灯籠の礎石に残る、山手大空襲時に焼死した人々の油がしみ込んだ跡

2015年8月23日(日)(憲法千話)

憲法便り#1213:表参道入口の石灯籠の礎石に残る、山手大空襲時に焼死した人々の脂がしみ込んだ跡

今日、SEALDsの皆さんが呼びかけた表参道デモが、午後5時に出発します。

予定は、下記の通り。

#0823全国一斉行動
戦争法案に反対する全国一斉行動
SEALDs 表参道デモ
コース⬇
16:30 都立青山公園南地区集合
17:00 デモ出発
神宮通公園解散

表参道デモのことを知る前から、写真を撮っておきたいところが、ありましたので、デジカメを持って、先日、表参道に行って来ました。

青山通りから、原宿方面を望む、表参道入口の大きな石灯篭(写真①)と、その礎石(写真②)です。

昭和20年5月25日の山の手大空襲の時に、炎の海の中で逃げ場を失った人々が、山のように折り重なって焼死し、その時の脂がしみ込んだ、石灯籠の礎石。

地元の方のお話では、いくら磨いても、その脂は取れずに残っているとのことでした。

一見して、排気ガスの汚れのように思いましたが、これは、確かに亡くなった方々の脂なのだそうです。

どんな理由をつけても、戦争には絶対です。

初めてのデジカメ写真なので、出来が悪すぎるのですが、取りあえず掲載します。

写真① 青山通りから、原宿方面への表参道を望む。両脇に大きな石灯篭があります。
左角の建物は、人々が山のように折り重なって焼死した、惨劇の場所となった安田銀行(現みずほ銀行)、
右角の建物は、人々が辛うじて難を山陽堂書店。
c0295254_15371318.jpg

写真② 安田銀行(現みずほ銀行)前の、石灯籠の礎石。
c0295254_15383475.jpg

写真③ 右角の山陽堂書店(カラフルな建物)。1964年の東京オリンピックの際、青山通りの拡張工事のために、建物は、半分に削られてしまった。
c0295254_16235962.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2015-08-23 16:22 | 戦争体験・戦跡・慰霊碑


<< 憲法便り#1214:『憲法便り...      憲法便り#1212:昨日、若い... >>