2015年 09月 06日

憲法便り#1291:「早稲田から止める戦争法案 安保関連法案に反対する早稲田大学全学集会」アピール

2015年9月6日(日)(憲法千話)

憲法便り#1291:「早稲田から止める戦争法案 安保関連法案に反対する早稲田大学全学集会」アピール

今日、午後1時から、早稲田大学・早稲田キャンパス14号館101教室で開催された、
「早稲田から止める戦争法案 安保関連法案に反対する早稲田大学全学集会」に参加してきました。

私は、体調がすぐれないため、途中からの参加でしたが、教室は満員で、席に座れない人たちと、教室の外に溢れている人たちが、百人近くにのぼっていました。

集会後は、大隈講堂前に集合して、高田馬場駅までデモ行進。
3時半に出発して、解散地点に到着したのは、ほぼ四時半。
デモ行進への参加者は、250名。

集会の内容、出会った人、デモ行進の際のエピソードは、この記事では省略し、集会アピールを紹介します。


「早稲田から止める」戦争法案 安保関連法案に反対する早稲田大学全学集会」 集会アピール

「安倍政権による憲法無視・国民無視の暴走に抗議し、
安全保障関連法案の廃案を求めます」


 戦後日本は、戦争の惨禍を踏まえ、戦争放棄を掲げた憲法のもと、平和国家
としての歩みを重ねてきました。それから70年目の今、安倍政権は数の力を
かりて、日本を戦争する国に変えようとしています。安倍首相は国内合意よりも
アメリカに対する約束を優先し、国民の強い反対や懸念を無視・黙殺して暴
走をつづけています。

 早稲田大学の前身、東京専門学校は、「学問の独立」を掲げて開校しました。

国の独立は国民の独立に基いし、国民の独立はその精神の独立に根ざす。
而して国民精神の独立は実に学問の独立に由るものなれば、その国を
独立せしめんと欲せば、必らず先ずその民を独立せしめざるを得ず。
その民を独立せしめんと欲せば、必らず先ずその精神を独立せしめざる
を得ず。而してその精神を独立せしめんと欲せば、必らず先ずその学問を
独立せしめざるを得ず。

 この建学の精神を生かし、校歌に謳われている「進取の精神」と「学問の独立」
を掲げ、「久遠の理想」を実現するためにも、私たちは、安倍政権による憲法無視・
国民無視の暴走に抗議し、安全保障関連法案の廃案を強く求めます。

 本集会の参加者は、ここに、同法案の廃案のために全力で取り組む決意を表
明するとともに、全国民、全世界の人びとが同法案の廃案に向けていっそうの
取り組みを進めるよう呼びかけます。
                                2015年9月6日
                   「早稲田から止める」戦争法案 安保関連法案に
                      反対する早稲田大学全学集会」参加者一同
                                
c0295254_2121575.jpg
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-09-06 21:18 | 戦争法反対行動・声明


<< 憲法便り#1292:非常勤講師...      憲法便り#1290:『憲法便り... >>