2015年 09月 16日

憲法便り#1344:昭和20年9月16日の新聞報道に見る「戦後日本の民主化」シリーズ【再録】

2015年9月16日(水)(憲法千話)

憲法便り#1344:昭和20年9月16日の新聞報道に見る「戦後日本の民主化」シリーズ【再録】

以下は、【再録】です。

*********************************************
2013年 09月 16日
憲法便り#296 昭和20年9月16日「日本の民主化、憲法民主化の日歴」

今日は、昭和20年9月16日付『朝日新聞』に基づいています。

昭和20年9月16日(日)

[社説]
「教育の基調は民意暢達」

[日本国内]
首相宮、米人特派員の質問書に御自から御返事:軍国主義を一掃し、道義高く文化国へ、米支との経済協調を希望。
米綿業代表近く来日、我が繊維業界対策を協議。
マ元帥、占領政策について特別声明:現状概して満足、手ぬるしとは当らず。

終戦後の日銀券増百三十億、今月はやや増勢緩和。
株式市場再開は、一、二週後。

新党結成の構想(中)水谷長三郎氏:社会政策に全力、自主的計画経済を推進。

米軍憲兵司令部へ、橋本(欣)大佐ら五氏出頭。

原子爆弾委員会、学研(学術研究会議)で我が科学陣を網羅。
衰滅した放射能、爆心に四日目に野菜の新芽、永久退去説は覆る。

復員軍人へ再起の道標、職業輔導会の計画:待ってる諸君の腕、耕す五十万町歩。

[国外の日本軍]
フィリピン島での日本兵の暴虐行為、太平洋米軍総司令部発表。

[進駐軍の動向]
連合軍司令部が、帝国ホテル、第一ホテルを直営。

[外国]
外相理事会、イタリア植民地と南チロル帰属問題で意見対立【ストックホルム特電十三日発】
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-09-16 10:32 | 戦後日本と憲法民主化報道


<< 憲法便り#1345:『憲法便り...      憲法便り#1343:『憲法便り... >>