2015年 09月 16日

憲法便り#1347:自民党・高村副総裁の主張は、まやかしである。

2015年9月16日(水)(憲法千話)

憲法便り#1347:自民党・高村副総裁の主張は、まやかしである。

党首討論会で、「論議が尽くされていない」と問い詰められ、自民党高村副総裁は言い放った。

「自衛隊が作られた時から、安保法制は一度も論議が作られたことがない!」。

ならば、言おう。

今回から論議を尽くせ!それが出来ないなら、廃案にすべきだ!!」。

それが、民主主義というものだ!!。

論議を尽くさず、論議を打ち切ってきたのは、いつも自民党の側だ!

今回も、また、同じことを繰り返そうとしている。

手段は同じでも、中身は、歴史的悪行だ。

「平和憲法」の破壊であり、「平和の破壊」である。

許さない!
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-09-16 17:06 | 戦争法反対行動・声明


<< 憲法便り#1348:「戦争法案...      憲法便り#1346:『憲法便り... >>