2015年 09月 16日

憲法便り#1349:地方公聴会が、たった1箇所とは、あまりにも強引なやりかたである

2015年9月16日(水)(憲法千話)

憲法便り#1349:地方公聴会が、たった1箇所とは、あまりにも強引なやりかたである。

「戦争法案」に関する地方公聴会が行なわれたのは、横浜、たったの1箇所である。

今のやり方は、余りにも強引で、傲慢である。

全国で反対の声が高まっていることを本当に受け止める意志があるのならば、北海道から沖縄まで、全国各地で、国民の声を聞くべきである。

『憲法便り』でも、全国各地での「戦争法案」反対行動を伝えた通り、いまでも広まり、高まり続けている。

国民のことを本当に考えるのならば、これらの声を丁寧に聞くべきである。

それが民主主義だ。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-09-16 20:24 | 戦争法反対行動・声明


<< 憲法便り#1350:次世代・元...      憲法便り#1348:「戦争法案... >>