2015年 09月 23日

憲法便り#1401:昭和20年9月24日の新聞報道に見る戦後の日本社会民主化の過程【再録シリーズ】

2015年9月23日(水)(憲法千話)

憲法便り#1401:昭和20年9月24日の新聞報道に見る戦後の日本社会民主化の過程【再録シリーズ】

以下は、【再録】です。

*********************************************
2013年 09月 24日
憲法便り#323 昭和20年9月24日「日本の民主化、憲法民主化の日歴」

今日は、昭和20年9月24日付『朝日新聞』に基づいています。

昭和20年9月24日(月)

[社説]
「糊塗的の経済政策を排す」

[日本に関係するアメリカの動向]
日本管理政策の正文発表:現存の統治形態利用、賠償は物資と施設で【ワシントン二十二日発AP=同盟】
 前文
 第一部 終局の目標
 第二部 連合軍の権能・・・好まぬ封建的政體
 第三部 政治・・・軍国主義の徹底抹殺
 第四部 経済・・・経済諸制度を改革

[日本国内]

〔連合軍司令部の動き〕
映画に盛る“新日本”:連合軍、製作の方針を指示。

〔経済・産業〕
米国との貿易再開、原料輸送に米船舶の援助を。

〔災害〕
田畑の流失四千町歩。

〔食糧事情〕
種薯は手持ちを活かそう、主産地からの出回り不円滑。

〔外地からの引揚げ関連〕
在支邦人四十万平穏に避退態勢。第一次引揚げ予定十七万。
蒙疆地区:食糧、燃料に窮迫。引揚げ焦眉の急。
注目される在支権益:預金切替、払出制限について日支で交渉中。

〔文化・スポーツ〕
米映画六十本日本へ発送中【サンフランシスコ二十一日発SF=同盟】
米軍野球団“飛来”、入場料は戦災者へ【サンフランシスコ二十二【サンフランシスコ二十一日発SF=同盟】日発SF=同盟】

[国外の日本軍]
陸軍外地部隊の復員あす第一船帰る、内地の主力も七割復帰。

[外国]
占領軍の減兵に反対、英ウイルソン元帥の発言【チューリッヒ特電二十二日発】
米国の失業対策:民需へ急速転換、厖大な公共事業も実施。
ソ連、対米借款希望【ニューヨーク特電二十一日発ニューヨーク・タイムス特約】
米物価管理局、外国銀(そのもの)の価格引揚げ【同】
タイに民主主義内閣【バンコック二十二日発PBO=同盟】
中国各地に米領事館【ワシントン二十一日発SF=同盟】
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-09-23 14:52 | 戦後日本と憲法民主化報道


<< 憲法便り#1402:『憲法便り...      憲法便り#1400:昭和20年... >>