岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 26日

憲法便り#1410:『平和川柳「玉音」に 無言の母の 仁王立ち』才之助作(母の64回忌に捧げる一句

憲法便り#1410:

2015年9月26日(土)(憲法千話)

憲法便り#1410:『平和川柳「玉音」に 無言の母の 仁王立ち』才之助作(母の64回忌に捧げる一句)

昭和20年(1945年)8月15日正午に、日本の敗戦を告げる、「玉音」放送が流れた。

マスコミの報道では、一億臣民(しんみん)が慟哭(どうこく)したように扱われることが多い。

だが、それは違う。

私は、この時、3歳の誕生日を迎える直前のことで、その光景の記憶はないが、

4歳年上の姉の話によれば、母は、子供たちをラジオの前に並ばせた。

「玉音」放送が始まった時、母は、涙も流さず、怒ったようなこわい顔をして、立っていた。

私たち家族は、昭和20年3月の東京大空襲のあと、母方の親戚を頼って福島に疎開し、最初は小高、次に小名浜でお世話になっていた。

だが、小名浜で、米軍の爆撃にあい、親戚の母屋も、離れも、衣類も食料も、すべてを失った。

一斗缶(いっとかん)に入れてあった米は、真っ黒な炭になっていた。

それを見て、母は「あーあ、みんな炭になっちゃった」と言って、立ちつくしていたという。

私は、「玉音」を聞いた時の、母の「仁王立ち」は、為政者への怒りだったと思っている。

だから、安倍政権の戦争政策は、絶対に許せない。

私は、「9・19を忘れない」。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-09-26 17:28 | 川柳・俳句・短歌・狂歌


<< 憲法便り#1411:平和川柳「...      憲法便り#1409:「戦地から... >>