2015年 09月 26日

憲法便り#1412:心に響いたコカリナの演奏と語り『第7回コカリナ講師コンサート 神宮の森の詩』

2015年9月26日(土)(憲法千話)

憲法便り#1412:心に響いたコカリナの演奏と語り『第7回コカリナ講師コンサート 神宮の森の詩』

今日、妻が紀尾井ホールで開催された『第7回コカリナ講師コンサート 神宮の森の詩』に、
姉妹と共に行ってきました。

ホールの良さも相まって、人と自然と音の一体感を心ゆくまで味わい、
命の貴さを改めて感じるひと時を過ごしてきました。

新国立競技場建設のため伐採された樹齢百年の木が、
コカリナという楽器として、新たな命を得て、名曲を奏でました。

明治神宮の森は、72年前、学徒出陣壮行会が行なわれた場所。

黒坂黒太郎さんのトークに、平和の願いが込められていました。

私も一緒に聴きたかった。そんな思いが募るコンサートのチラシと、

黒坂さんの人となりを紹介します。
『第7回コカリナ講師コンサート 神宮の森の詩』のチラシ
c0295254_217189.jpg


c0295254_2175262.jpg



「孫9条の会」について語る黒坂さん(『食べもの通信2015.08』2頁ー3頁より)
c0295254_2183523.jpg


c0295254_219518.jpg



『コカリナ20周年記念コンサート 歓喜(よろこび)の歌』のチラシ
c0295254_2110111.jpg


c0295254_2111161.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2015-09-26 21:22 | 音楽・舞台芸術・芸能・映画


<< 憲法便り#1413:『憲法便り...      憲法便り#1411:平和川柳「... >>