岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 11日

憲法便り#1437:「ひとりでいいんです」。加藤周一さんが残した言葉です。その意味は・・・

2015年10月11日(日)(憲法千話)

憲法便り#1437:「ひとりでいいんです」。加藤周一さんが残した言葉です。その意味は・・・

「ひとりでいいんです」。

加藤周一さんが残した言葉です。

これは、一人ぼっちや、孤独を意味しない。

他国に、ひとり友人がいれば、その国に向かって戦争を仕掛けたり、銃を向けたりしないということ。

「凡人会」という、市民の学習会で、加藤さんが語っている。

これは、そのまま『ひとりでいいんです』という書名にもなっている。

安倍首相には、親分子分の関係や、利害でがんじがらめの人間関係はあっても、真の友人はいないのだ。

この戦争屋は、一日も早く、政権の座から引きずり下ろさなけらばならない。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-10-11 18:28 | 名著・名文・名言紹介


<< 憲法便り#1438:「頭のない...      憲法便り#1436:「戦争法[... >>