2015年 10月 11日

憲法便り#1439:アメリカも、フランスも、ロシアも、シリアへの空爆を直ちに中止せよ。

2015年10月11日(日)(憲法千話)

憲法便り#1439:アメリカも、フランスも、ロシアも、シリアへの空爆を直ちに中止せよ。

アメリカも、フランスも、ロシアも、シリアへの空爆を直ちに中止せよ。

爆撃に、何の正当性も道理もない。

爆撃を続けて、殺人と破壊を続け、大量の「難民」を生み出しながら、

どれだけ多くの難民を受け入れるかを論議しても、根本的な解決は無い。

苦しんでいるのは、シリアの市民だけだ。

また、「なりすまし」難民などと、あまりにも非常識なことを発信している右翼的な女性「漫画家」、それも安倍首相の応援団だそうだが、
バカなことはやめるべきだ。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-10-11 18:53 | 今日の話題


<< 憲法便り#1440:TPPを自...      憲法便り#1438:「頭のない... >>