岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 17日

憲法便り#1446:戦時中の米軍ビラとされる『マリヤナ時報 昭和20年7月23日号』を入手しました!

2015年10月17日(土)(憲法千話)

憲法便り#1446:戦時中の米軍ビラとされる『マリヤナ時報 昭和20年7月23日号』を入手しました!

太平洋戦争末期に、米軍は、日本に対してさまざまなビラを空中からまきました。

その中のひとつとされる印刷物に、『マリヤナ時報』があります。

サイズはほぼA4に近い、新聞の体裁を整えた2頁建てのもので、ビラという印象とは違った、大きいものです。

日本の軍部がいかに情報を統制しようとも、日本の敗北が決定的であることは、米軍ビラによって、明らかにされていました。

日本国内の情報を統制し、国民を支配する構造は、昔も今も変わりません。

いや、現在の安倍政権が、戦前の支配構造そのものを模倣していることを強く感じます。

論文執筆終了の時点で、国立国会図書館憲政資料室に寄贈することを考えております。

「私蔵」は、「死蔵」に通ずる、との考え方からです。

戦争が如何に無謀で、残酷で、非人間的なものであったかを伝え、多くの方々に利用していただくためです。
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-10-17 20:28 | 今日の話題


<< 憲法便り#1447:国という言...      憲法便り#1445:「『立憲主... >>