岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 18日

憲法便り#1447:国という言葉が前面に押し出された時、国民は後方に追いやられる。

2015年10月18日(日)(憲法千話)

憲法便り#1447:国という言葉が前面に押し出された時、国民は後方に追いやられる。

国という言葉が前面に押し出された時、国民は後方に追いやられる。

戦争が始められる時、超法規的な解釈が支配し、憲法も法律も無視される。

国賊、非国民なる言葉が横行する時、民主主義も言論の自由も死滅する。

戦前の日本は、このような状態だった。

日本を再び戦前の状態に戻してはならない。

岩田行雄
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-10-18 10:19 | 戦争法反対行動・声明


<< 憲法便り#1448:今日、『9...      憲法便り#1446:戦時中の米... >>