2015年 12月 13日

憲法便り#1467:早稲田大学同期の友人からの喪中はがきで知らされた戦争の悲劇

2015年12月13日(日)(憲法千話)

憲法便り#1467:早稲田大学同期の友人からの喪中はがきで知らされた戦争の悲劇

毎年、11月の中旬から「喪中はがき」と届く。
誰もが、いつかはむかえる人生の終わり。

ひとそれぞれの人生がある。

いつも年賀状が届く早稲田大学時代の同期の友人N君から、
十二月上旬に、喪中はがきが届いた。

御母堂が、97歳の生涯を閉じたことの後に、
次のように綴られていた。

「戦火に引き裂かれた、初恋の夫との人生を、
いまにぎやかにやり直していることでしょう。」
「私たちも「戦争法廃止」の署名を集めています。」

私は、久しぶりに、N君に電話をかけた。
彼の母は、再婚をせずに、女手一つで、子供たちを育てた。
そして、彼を早稲田大学に進ませた。

私たち戦前生まれの「昭和世代」には、戦争の記憶は、
自分自身の人生と重なりあっています。

戦争を美化してはならない!
戦争を繰り返してはならない!
我々は、戦争を忘れない!
そして、9・19を忘れない!
[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-13 09:30 | 戦争体験・戦跡・慰霊碑


<< 憲法便り#1468:昭和30年...      憲法便り#1466:12月12... >>