岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 17日

憲法便り#1470:吉田茂が、昭和22年刊行の憲法書に揮毫(きごう)した、「平和」の題字

2015年12月17日(木)(憲法千話)

憲法便り#1470:吉田茂が、昭和22年刊行の憲法書に揮毫(きごう)した、「平和」の題字。

国立国会図書館憲政資料室に寄贈した書籍の中から、話題を提供したい。

昭和22年8月30日に刊行された、岡田亥之三朗著『日本国憲法審議要録』は、B5判、527頁の大著である。
日本国憲法が制定されるまでの過程を要約して、まとめたものである。
現在は、ほとんどの原資料を見ることができるが、公開資料が少なかった時代においては、貴重な著作出会った。

この著作に対して、吉田茂(前内閣総理大臣)、金森徳次郎(前国務大臣・憲法担当)の二人が題字、
木村篤太郎(前司法大臣)、山崎猛(前衆議院議長)の二人が序文を寄せいている。

左が、題字の頁。  右は、標題紙。 やはり、平和の文字は、心が休まります。
c0295254_15525225.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-17 15:57 | 国立国会図書館への寄贈資料


<< 憲法便り#1471:国立国会図...      憲法便り#1469:国立国会... >>