岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 31日

憲法便り#1511:国際政治学者・畑田重夫先生から、嬉しいお手紙をいただきました!(第二版)

2015年12月31日(木)(憲法千話)
2016年1月4日(月)加筆:ご年齢のこと、現在も現役でご活躍のこと

憲法便り#1511:国際政治学者・畑田重夫先生から、嬉しいお手紙をいただきました!

12月18日、国際政治学者・畑田重夫先生から、嬉しいお手紙をいただきました!
先生のご了解を得て、主要な部分を紹介致します。

先生は、現在92歳ですが、執筆、講演、平和委員会の活動に、ご活躍をなさっています。
60代、70代、80代の皆さんが、「もう年だから」などと、言い訳が出来ないほどのご活躍ぶりです。

去る12月15日、畑田先生宛に、お茶と国立国会図書館に寄贈した蔵書リストをお届けしました。
お茶は、ささやかですが、畑田みちる夫人の祥月命日(12月18日)に間に合うように、お送りしたものです。

そして、12月17日付けのお手紙を18日に、いただいた次第です。

お手紙には、
「拝復 お手紙ありがたく拝見しました。貴重な蔵書を国会図書館に寄贈された由、
まさに義挙というべきですねえ」

「義挙」という言葉は、知っておりましたが、
私にとって、最高の褒め言葉です。
先生から、常にお褒めの言葉をいただき、そのたびに新たな力が沸いてきます。

また、先生からは、『治安維持法と現代』発刊30号記念号に掲載された論考、
「歴史にまなび、現実を見つめ、未来を創る」のコピーをいただきました。

せっかくですから、皆さんに紹介いたします。

c0295254_20254021.jpgc0295254_2026387.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2015-12-31 21:22 | 名著・名文・名言紹介


<< 憲法便り#1512:「トークマ...      憲法便り#1510:絶賛に値す... >>