岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 12日

憲法便り#1595:「憲法組立の図」もある、画期的な版画展『清親(きよちか)光線画の向こうに』

2016年3月12日(土)(憲法千話)

憲法便り#1595:「憲法組立の図」もある、画期的な版画展『清親(きよちか・明治の浮世絵師) 光線画の向こうに』を観て

町田市立国際版画美術館で今日から開催される、小林清親の版画展の内覧会へのお招きを受け、昨日、解説を聴きながら観る機会を得ました。

私は、これまで、小林清親という浮世絵師のことを全く知りませんでしたが、案内のチラシを読んで、是非、実物を観たいと思い、大きな期待を持って出かけました。

期待が大きすぎると、がっかりする場合があるのですが、今回は、期待した以上の、素晴らしい内容でした。

会場でのエピソードなどは、後ほど、加筆つもりですが、まず町田市立国際版画美術館の展示案内を紹介します。



町田市立国際版画美術館の展示案内はこちらへ
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-03-12 09:42 | 美術


<< 憲法便り#1596:痛快!マー...      憲法便り#1594:ご存知です... >>