2016年 03月 15日

憲法便り#1597:「九条俳句不掲載損害賠償等請求事件」弁護団に激励の手紙を書きました

2016年3月15日(火)(憲法千話)

憲法便り#1597:「九条俳句不掲載損害賠償等請求事件」弁護団に激励の手紙を書きました

確定申告の書類の準備がようやく整った昨日、憲法便り#1597:「九条俳句不掲載損害賠償等請求事件」弁護団に激励の手紙を書きました。

私が進めている日本国憲法成立史の実証的研究の中で気がついたことを、何点かお知らせしました。
公民館の役割についての、文献学的、あるいは社会文化的な観点からの資料です。
検閲の廃止、言論・出版の自由を確立した歴史に関するものもあります。
送った資料が多少でも役に立つことを願っています。

現在進行中の訴訟に関係することなので、弁護団の了解を得てから、私が送った資料の具体的な内容について明らかにしたいと思っています。(ご了解をえましたので、(こちら『憲法便り#1610』へ

①「九条俳句不掲載損害賠償等請求事件」については、こちらへ

②「九条俳句訴訟」に関する『埼玉新聞』の記事はこちらへ

③「九条俳句』市民応援団については、こちらへ

④市民応援団とは:役員と規約については、こちらへ

⑤新聞報道は、こちらへ
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-03-15 21:57 | 憲法関係の活動


<< 憲法便り#1598:シンポジウ...      憲法便り#1596:痛快!マー... >>