岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 29日

憲法便り#1631:フランスから一気に広がる、イスラム教徒への「不自由 不平等 迫害」

2016年3月29日(火)(憲法千話)

憲法便り#1631:フランスから一気に広がる、イスラム教徒への「不自由 不平等 迫害」 

フランスというと、私は、すぐに「自由、平等、博愛」という言葉を思い出す。

だが、そのフランスで、パリの同時多発テロ以来、イスラム教徒への「不自由、不平等、迫害」が広まっている。

ヒゲを生やして、礼拝のためモスクに通っているというだけで、危険人物とみなされ、テロリストの疑いをかけられ、ひどい目にあっているということが、伝えられている。

飲食店を営むある男性の場合はこうだ。

一日五回、警察に出頭しなければならない。
そして、夜間の外出禁止。
武装した治安部隊は、「捜査」のため、大きなはハンマーを振るって、壁を打ち破り、部屋を壊した。
テロリストではない彼の店や、部屋からは、勿論、何も見つからない。

これだけ、さんざんなことをされても、なんの保障もない。

こうした状況の中で、排外主義を掲げる極右政党が急速に勢力をのばし、
ますます、険悪な動きが強まっている。

そして、この動きは、ベルギーでのテロ事件をきっかけに、全ヨーロッパに拡大しつつある。

そもそも、ISを生み出した出発のは、アメリカとイギリス、そして「有志連合」なるものたちによる、
イラクへの侵略戦争にある。

根本的な誤りを覆い隠し、空爆、武力行使を続けたとしても、何ら解決しない。

有志連合に加担した日本政府のみならず、特に、イラク侵攻を容認した政治家たち、ジャーナリスト、コメンテーターなどは、反省を表明しなければならない。

そして、その反省の上に立って、平和回復の努力をすべきである。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-03-29 11:02 | 見逃せない真実


<< 憲法便り#1632: 『憲法便...      憲法便り#1630:第3回「女... >>