2016年 03月 30日

憲法便り#1640:【嘘を見抜こう③】安倍首相の3月29日の記者会見【安保法制施行について】

2016年3月30日(水)(憲法千話)

憲法便り#1640:【嘘を見抜こう③】安倍首相の3月29日の記者会見【安保法制施行について】

安倍首相の嘘を見抜くため、3月29日の記者会見での発言の主要な部分を掲載します。

題して、【敵を知り、おのれを知る】

発言内容は、首相官邸のホームページから引用しています。

【小見出し】と(注)は、私が付けたものです。


【質疑応答】の続き

(内閣広報官)
 それでは、もう一社、幹事社。
 どうぞ。

(記者)
 幹事社の毎日新聞の田中と申します。
 安全保障法制が今日施行されました。駆けつけ警護の実施や米艦防護などのリスクが比較的高いとされる任務の実施が、多くは夏以降に先送りされています。法律の施行から中核となる任務の実施まで時間差が生じることになりますが、総理はそれをどのように受けとめ、それらを実施する見通しをいつ頃からとお考えでしょうか。
 あと、野党からは、時間差が生じることについて、参院選にこの安保法制に関することを影響させないようにするためだとの指摘も出ていますが、それについての総理の感想もお願いいたします。

(安倍総理)
 我が国を取り巻く安全保障環境は、厳しさを増しています。今年に入っても、それを多くの皆さんは実感しておられるのではないかと思います。今、世界において、どの国も一国のみで自国を守ることができない中において、正に今回の法制によって抑止力を高め、そして、それは戦争を未然に防ぐものであります。そして、国民の命を守り抜いていくと同時に、この平和で繁栄した日本を、そして地域を次世代に引き渡していく、その責任を果たすためのものでもあります。日本を守るためにお互いが助け合うことのできる同盟は、当然、その絆を強くするわけであります。絆の強い同盟によって、間違いなく抑止力は高まっていく。先般、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際、従来よりも、日米はしっかりと情報の共有あるいは体制整備、以前よりもその協力は格段に進歩したわけでありまして、これはハリス太平洋軍司令官もそう述べています。正に助け合うことのできる同盟は、その絆を強くした、その証左であろうと思います。

 他方で、法律の施行によって、自衛隊には正に今日、新たな任務が付与されたばかりであります。法律によって任務が付与されなければ、自衛隊は訓練を行うことはできません。駆け付け警護を含め、新たな任務を、安全を確保しつつ適切に遂行するためには、あらゆる面で万全の態勢を整え、そして、教育訓練を含め、時間をかけて周到な準備をしなければなりません。安全保障の現場というのはそういうものでありまして、政治的な都合によってそれを早めたりするということはあってはならないわけでありますから、当然、周到な準備を今日から始めていく。そして、それにはしばらく時間がかかるということでありまして、当然これは、参議院選挙があるから、ないから、先送りするどうかという話では全くないわけでありまして、その批判は極めて私は的外れ、現場を知らない話ではないかと思います。正に今日から安全を確保するため、日本を守るために周到な準備、そのための訓練が始まるということであります。

*共和党トランプ候補についての質疑は、こちらへ
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-03-30 11:11 | 首相ウオッチ・首相の一日


<< 憲法便り#1642: 3月10...      憲法便り#1639:【嘘を見抜... >>