岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 10日

憲法便り#1678:ご存知ですか?「死んだ女の子」という歌を(広島に投下された原爆で殺された)

2016年4月10日(日)(憲法千話)

憲法便り#1678:ご存知ですか?「死んだ女の子」という歌を(広島に投下された原爆で殺された)

私は、あまりにも悲しくて、最初の部分しか歌えません!

【作曲】木下航二
【作詞】ナーズム・ヒクメット
【訳詞】飯塚 広

扉をたたくのはあたし あなたの胸に響くでしょう
小さな声が聞こえるでしょう
あたしの姿は見えないの

十年前の夏の朝 私は広島で死んだ
そのまま六つの女の子
いつまでたっても六つなの

あたしの髪に火がついて 目と手が焼けてしまったの
あたしは冷たい灰になり
風で遠くへ飛び散った

あたしは何にもいらないの 誰にも抱いてもらえないの
紙切れのように燃えた子は
おいしいお菓子も食べられない

扉をたたくのはあたし みんなが笑って暮らせるよう
おいしいお菓子を食べられるよう
署名をどうぞして下さい
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-04-10 08:53 | ご存知ですか?シリーズ


<< 憲法便り#1679:野党統一候...      憲法便り#1677:安倍首相は... >>