2016年 04月 16日

憲法便り#1693:自衛官とそのご家族に読んで欲しい、日本共産党朝霞市議山口さんの選挙公約

2016年4月16日(土)(憲法千話)
2016年4月17日(日)改訂:「戦争法が通ってしまったので、本当は、→「(「戦争法が通ってしまったので、いつ紛争地に派遣されるか)とても心配で、本当は、
加筆:そして、今回も、熊本で、自衛官が救援活動をしています。
そのような時なので、あえて山口公悦市議のことばを紹介する次第です。

憲法便り#1693:自衛官とそのご家族に読んで欲しい、日本共産党朝霞市議山口さんの選挙公約

下の写真は、4月13日に、たまたま、40年来の友人である山口公悦議員、「やまちゃん」からFAXで送ってもらった広報のコピーです。
きっかけは、昨年12月に彼の活躍を取り上げた記事に気がついた、彼が会長を務める同窓会の後輩からの知らせを受け、久しぶりに電話をくれたことでした。

その電話の中で、一日16万人の乗降客がある北朝霞の駅頭での「朝立ち」(朝の演説)を聞いた、自衛官の家族との会話から生まれた「公約」について、話がおよびました。
(「戦争法が通ってしまったので、いつ紛争地に派遣されるか)とても心配で、自衛隊を辞めて欲しいと思っているのだが、本人は、裏切り者と思われたくないので辞められない」。
そんな話を聞いて、感激屋の「山ちゃん」は、涙をこらえて「朝立ち」を続けたそうです。

私も感激して、2、、3日中に記事にすることを約束してたところ、「熊本地震」がおき、いまも大きな余震が続いています。そして、今回も、熊本で、自衛官が救援活動をしています。
そのような時なので、あえて山口公悦市議のことばを紹介する次第です。

【山口公悦議員のことば】
「自衛官を外国の戦場へ送らない。福島に家族を持つ私には、戦争法の廃止が東日本大震災で泥まみれになって奮闘してくれた自衛官の皆さんへの恩返しです。
子どももお年寄りも安心してくらせる朝霞を。平和もがっちり守ります。」(朝霞市議会議員選挙公報より)

c0295254_22501453.jpg


*********************************************
【再 録】
2015年12月8日(火)

憲法便り#1463:基地の町・朝霞市の市議選で、日本共産党が大健闘!

陸上自衛隊駐屯地を抱える朝霞市の市議選で、
日本共産党が、得票数、得票率とも大幅に伸ばし、大健闘!

当選を果たした3人の議員のひとり山口公悦氏は、私の40年来の友人です。

選挙中、朝霞市にすむ知人に連絡を取り、応援をしていた妻のところに、昨日、”やまちゃん”から、嬉しいメールが届いた。

「ご心配をおかけしました。現役続行です。人助けと世直しのため、頑張ります。

朝霞駅頭での「朝立ち」は、かなり早い時間に始められる。体に気を付けて、頑張って欲しい。
山口氏は、前列の太めの男性です。
c0295254_20275878.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2016-04-16 22:59 | 今日の話題


<< 憲法便り#1694:【熊本地震...      憲法便り#1692:『憲法便り... >>