岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 03日

憲法便り#1711:一度、憲法の改悪を許してしまえば、あとで100倍頑張っても平和憲法に戻せない!

2016年5月3日(火)(憲法千話)

憲法便り#1711:一度、憲法の改悪を許してしまえば、あとで100倍頑張っても平和憲法に戻せない!

ここに紹介するのは、ちょうど10前、2006年5月3日に、「あさひかわ九条の会」のお招きにより、憲法講演を行った際に作成されたチラシです。

一万枚が作成されましたが、「大通り公園」で、わずか2時間でまき終わったとのことでした。

当日は、午前9時半から、北見市で講演を行ったため、午後の講演というご要望には応えることができませんでした。

夕方6時からの講演会ということで、参加者の数は半減したとのでしたが、それでも、600名の方々が参加してくださいました。
紋別、士別、訓子府(くんねっぷ)、北見、江別からご参加して下さった方もありました。

吹き出しの中に書いた、「今の状況を傍観していたら一生悔いが残る。一度、憲法の改悪を許してしまえば、あとで100倍頑張っても元の平和憲法には戻せない」というのは、当時の率直な気持ちでした。

今は、その思いが、ますます強くなっています。

c0295254_219839.jpg
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-05-03 21:16 | 今日の話題


<< 憲法便り#1712:『憲法便り...      憲法便り#1522:拡散希望、... >>