岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 15日

憲法便り#1764:天皇陛下の「生前退位」報道への疑問?

2016年7月15日(金)(憲法千話)

憲法便り#1764:天皇陛下の「生前退位」報道への疑問?


私は、昨日、この問題について、以下の見解を述べた。

【再録】***************************************
2016年7月14日(木)(憲法千話)

憲法便り#1761:都知事選公示日のタイミングで、なぜ天皇陛下生前退位のニュースなのか?

このニュースをもたらした、「政府関係者」とは、誰なのか?

なぜ、記者会見、または、記者発表の形ではなく、夜陰に乗じて伝えられたのか?

宮内庁の次長は、この事実を否定していると、伝えられている。

今日、宮内庁長官の定例会見が行われるので、その発言に注目したい。

参院選で改憲派が三分の二を占めた。

その直後のこのニュース、改憲への布石と、私は考えている。

そして、もうひとつの狙いは、都知事選の話題そらし。
*********************************************

昨日の定例会見で、宮内庁長官は、「そのような事実はない」と、明確に否定した。

そして、安倍首相、菅官房長官は、報道されていることに対して、それぞれ、コメントは、差し控えると述べた。

だが、「政府関係者」が流した報道だけが、世界を駆け巡り、皇室典範のみならず、様々な法改正のなどの必要性という、「既成事実」を作り上げる世論誘導が図られている。
周到な準備に基づいていると考えられる。

そして、その「政府関係者」は、誰からも、どこからも、「お叱り」を受けていないし、「犯人探し」も行われていない。

そのうち、ついでに「憲法改正も」と言い出しかねない、陰謀が渦巻いている。

これはもう、民主国家とは言えない!
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-07-15 22:14 | 今日の話題


<< 憲法便り#1765:リンク付き...      憲法便り#1763:『憲法便り... >>