岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 21日

憲法便り#1776:講演『憲法と子供たちの未来』を、8月4日に長野市内で行う予定です!

2016年7月21日(木)(憲法千話)

憲法便り#1776:講演『憲法と子供たちの未来』を、8月4日に長野市内で行う予定です!


このテーマでの講演は、初めての試みです。

これまで、私が招かれて行った講演会とはかなり違って、若いお母さんたちが主な対象です。

若い年代の人たちは、改憲に肯定的な意見を持っている人が、意外に多いと聞いています

はじめに次の問いかけをしてから、講演を行う予定です。

質問①「憲法は難しい」と思っていませんか?
質問②「憲法は自分の生活には関係ない」と思っていませんか?
質問③「改憲により、子供たちの未来が大きく変わることを知っていますか?
質問④「今の憲法は、戦争への反省から誕生したことを知っていますか?
質問⑤今の憲法は、押し付けられたものと思っていませんか?

【講演の内容】
憲法とは何か?
日本国憲法が、なぜ「平和憲法」と呼ばれるのか?
今の平和憲法を本当に変えていいのか?
『お試し改憲』とは?
国民投票とは何か?
自民党の新憲法草案の具体的な内容は?
徴兵制とは何か?
立憲主義とは何か?
朝ドラの「トト姉ちゃん」は、戦前は、明治憲法下の戸主。新憲法のもとでは?

これからも、さまざまな角度から検討し、一時間以内にまとめることにしています。

ご参加者の皆さんに、私のロシア語訳憲法第九条が印刷されたクリアファイルをプレゼントするため、40部を用意しました。(クリアファイルについては、こちらをクリックして下さい

なお、この前日には、20分間ほど、子供たちを対象としたマジック・ショーを行います。
私は、セミプロのマジシャンです。

[PR]

by kenpou-dayori | 2016-07-21 22:47 | お知らせ


<< 憲法便り#1777:『憲法便り...      憲法便り#1775:『憲法便り... >>