岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 22日

憲法便り#1778:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します③

2016年7月22日(金)(憲法千話)
第二版:2016年7月23日(土)赤字部分を加筆

憲法便り#1778:上丸洋一氏の研究盗用に抗議し、謝罪と盗用部分の削除を要求します③第二版

私は、これまで、憲法改悪を阻止するために、2004年以来の研究成果を、惜しみなく公表してきた。

それは、平和憲法を守ろうとする人々へのメッセージであって、
自己保身や功名心にかられた、朝日新聞社編集委員・上丸氏のためではない。

そして、「取材」といえば、何でも許されるものではない。
他人の研究を引用する場合には、引用する研究者のことをきっちりと述べなければならない。
この基本を守らないものは、盗用である。

上丸氏の場合は、気付かずに「うっかりした」というたぐいのことではない。
情報源である私を出し抜く形で、盗用したのである。


私がどこで、調査してきたかについて、簡単に述べておきたい。
これは、すべて、私費で行ったものである。

調査のため訪問したのは、国立国会図書館をはじめ、外務省外交史料館、国立公文書館、全国各地の県立図書館、その他の研究機関である。

国立国会図書館の場合は、日参したと言っても過言ではない。

各地の県立図書館とは、
宮城(仙台、2回)、茨城(水戸市)、群馬(前橋市)、埼玉(浦和)、千葉(千葉市)、
山梨(甲府市)、富山(富山市)、福井(福井市)、静岡(静岡市)、鳥取(鳥取市)、
徳島(徳島市)、香川(高松市)。
広島は、広島市立図書館を訪問。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-07-22 22:33 | 上丸問題


<< 憲法便り#1779:『憲法便り...      憲法便り#1777:『憲法便り... >>