岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 28日

憲法便り#1796:【時事川柳】「緑色の スーツの下の 鎧(よろい)かな」 暁雲 作<

2016年7月28日(木)(憲法千話)

憲法便り#1796:【時事川柳】「緑色の スーツの下の 鎧(よろい)かな」 暁雲 作


都知事選に立候補している小池百合子氏。

元環境大臣の経歴を前面にたて、どんなものでもいいから、
「緑色」を身に着けて、演説会場に来てほしいと呼びかけている。

「女の平和」には、もちろん参加していないけれど、この運動から学んだのだろう。

だが、彼女の本質は、環境大臣というよりは、やはり、元防衛大臣という経歴の現れている。

この選挙戦の最中でも、「安保法制」について問われ、
「遅きに失した」との見解を述べたと、東京新聞は報じていた。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-07-28 10:31 | 川柳・俳句・短歌・狂歌


<< 憲法便り#1797:相模原の事...      憲法便り#1795:【新企画】... >>