2016年 08月 05日

憲法便り#1811:【検証】戦後最悪の第3次安倍再改造内閣発足を、各紙はどう報じたか?

2016年8月5日(金)(憲法千話)

憲法便り#1811:【検証】戦後最悪の第3次安倍再改造内閣発足を、各紙はどう報じたか?


第3次安倍再改造内閣の最大の狙いは、安倍首相の任期中に憲法改悪をすることにある。

2016年8月4日付の7紙を比較すると、驚くほどの違いがある。

『東京新聞』、『しんぶん赤旗』は、危険な本質を、見出しではっきりと指摘しているが、
『朝日新聞』、『毎日新聞』、『読売新聞』の3紙の見出しは、申し合わせたように、改憲については沈黙し、主要な見出しは、「働き方改革 年度内に計画」(または策定)にしている。

まるで、戦前の各紙が、大本営発表をそのまま報じている姿に似ている。
物事の本質を見極め、権力に対して批判をする、本来のジャーナリズムの役割を果たしていない。
この事態に、強い危機感を表明しておく。
c0295254_22154521.jpg


c0295254_2217587.jpg


c0295254_22182878.jpg


c0295254_22195656.jpg


c0295254_22213996.jpg


[PR]

by kenpou-dayori | 2016-08-05 22:46 | 見逃せない真実


<< 憲法便り#1812:広島市長に...      憲法便り1810:映画『不思議... >>