岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 09日

憲法便り#1827:長崎被爆者代表井原さん、オバマ氏演説にがく然「原爆は落ちたのではない」

2016年8月9日(火)(憲法千話)

憲法便り#1827:長崎被爆者代表井原さん、オバマ氏演説にがく然「原爆は落ちたのではない」

私は、かねてから、オバマ演説と、その後の行動に問題を感じていたが、
今日、長崎市の平和公園で行われた「原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」で、被爆者代表の井原東洋一さんが、「原爆は落ちたのではない」「米国が落としたんだ」と、明確に批判した。

以下は、8月9日付『東京新聞』夕刊11面が報じたもの「原爆は落ちたのではない」(リンク先は、こちらへ)*写真入りです。 

長崎は九日、原爆投下から七十一年を迎えた。五月のオバマ米大統領の広島訪問から初めて迎えた「原爆の日」。被爆者は今も戦争の「加害」と「被害」に向き合い続けている。改憲など政府の姿勢への懸念表明がこの数年続いている、平和祈念式典での被爆者代表の「平和への誓い」では今年も、安保法廃止の訴えが盛り込まれた。 
 オバマ米大統領が広島訪問の演説で、原爆が空から落ちてきたと表現したことに、九日の平和祈念式典で被爆者代表を務めた井原東洋一(とよかず)さん(80)はがくぜんとした。
 「落ちたのではない。米国が、落としたんだ」
 広島に投下された原爆はウラン型、長崎に落とされたのはプルトニウム型。この違いに疑念を抱き続けてきた。式典で読み上げた「平和への誓い」で、「二種類の原爆による実験ではなかったのか」と思いをぶつけた。
 九歳の時、爆心地から約六・五キロの自宅近くで、まきを集めるため大木の枝切り中に爆風で吹き飛ばされた。気を失ったが、大きなけがをせずに済んだ。
 だが、爆心地付近で負傷し搬送されてきた人々を手当てし続けた母親は、終戦から七年後に亡くなった。「原因が分からなかった。今思えば、体がだるくなる『原爆ぶらぶら病』に似ていた」
 高校卒業後、電力会社の組合幹部を経て、長崎市議に。三十代前半から平和運動に身を投じた。十年前からは被爆者団体「長崎県被爆者手帳友の会」の会長として、長崎の反核運動を引っ張った。
 「平和への誓い」では、原爆被害を一方的に訴えるだけでなく「日中戦争や太平洋戦争などで日本が引き起こした加害の歴史を忘れていない」との言葉も盛り込んだ。政府に対しては、憲法に反する安全保障関連法を廃止し、米国の「核の傘」に頼らぬよう訴えた。
 スウェーデンの平和問題研究機関の推計では、今なお約一万五千発の核弾頭が世界に残るとされる。「長崎を最後の被爆地に」。全ての核兵器がなくなるまで、諦めずに叫ぶことを、自分に誓っている。
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-08-09 16:52 | 核廃絶・脱原発


<< 憲法便り#1828:Lady ...      憲法便り#1826: 2016... >>