2016年 08月 10日

憲法便り#1831:長崎 原爆の日被爆者代表・井原東洋一さんの『平和への誓い』全文

2016年8月10日(水)(憲法千話)

憲法便り#1831:長崎 原爆の日被爆者代表・井原東洋一さんの『平和への誓い』全文


*以下は、『毎日新聞』2016年8月9日西部夕刊からの引用です。(リンク先は、こちらへ)(写真入りです)

平和への誓い(全文)
 幼い頃「神の国日本、ほしがりません勝つまでは」などと教えられて過ごした私は、相次ぐ空襲に逃げまわり、防空壕(ごう)で息をひそめ、日本の敗戦は近いと思っていました。

 1945年8月9日、午前11時2分、アメリカが投下した一発の原子爆弾は、ここ浦上の上空およそ500メートルで爆裂し、長崎の町は、一瞬にして廃墟となりました。

 原子雲の下は、想像を絶する修羅場となり、日本人だけでなく、強制連行された中国人や動員された朝鮮人、戦時捕虜のアメリカ人や諸国の人々を含むおよそ7万4000人が無差別に殺され、虫や鳥や植物などすべての生き物も死滅しました。

 私は当時9歳、爆心地から6.5キロメートルの地で大木に登り枝落としの最中に、巨大な火の玉に目が眩(くら)み、耳をつんざく大音響と猛烈な爆風で吹き飛ばされ気を失いました。

 翌日から、救護活動に参加した母や姉、兄などの体験で、惨劇の大きさを知りました。その母も姉も兄も歯ぐきから血を出し、髪が抜けるなど、長い間の苦しみに耐えながらも、次々に原爆症で亡くなりました。

 広島で歓迎されたオバマ大統領は、「空から死が降ってきた」と叙情的に表現されましたが、広島のウラン型原爆に対して長崎にはプルトニウム型原爆が投下された事から、私には2種類の原爆による実験ではなかったのかとの思いがあります。

 被爆した町は、国際的な支援のもとに復興しましたが、私たち被爆者は71年もの間、毎日が苦悩の中にあり、2世、3世もその憂いを引き継いでいます。政府には「原爆症」や「被爆体験者」の救済について、司法判断に委ねず、政治による解決を望みます。

 しかし、私たちは絶対悪の核兵器による被害を訴える時にも、日中戦争やアジア太平洋戦争などで日本が引き起こした過去の加害の歴史を忘れてはいません。

 わが国は、過去を深く反省し、世界平和の規範たる「日本国憲法」を作りこれを守って来ました。今後さらに「非核三原則を法制化」し、近隣諸国との友好交流を発展させ、「北東アジアの非核兵器地帯」を創設することによりはじめて、平和への未来が開けるでしょう。

 国会及び政府に対しては、日本国憲法に反する「安全保障関連法制」を廃止し、アメリカの「核の傘」に頼らず、アメリカとロシア及びその他の核保有国に「核兵器の先制不使用宣言」を働きかけるなど、核兵器禁止のために名誉ある地位を確立される事を願っています。

 科学の発展が人類の幸せに貢献せず、資源の独占と貧富の差が拡大する限り、世界の不安定は益々厳しくなるでしょう。オバマ大統領が率先して示された「核なき世界実現」への希望は、人類の英知による恒久平和をめざすものであり、「非核の国々による核兵器禁止のための国際的流れ」に共通するものと思います。私たちは、オバマ大統領が「最後の被爆地長崎」を訪問されるよう強く願い、歓迎いたします。

 私たち被爆者は、「武力で平和は守れない」と確信し、核兵器の最後の一発が廃棄されるまで、核物質の生産、加工、実験、不測の事故、廃棄物処理などで生ずる全世界の核被害者や、広島、福島、沖縄の皆さんと強く連帯します。長崎で育つ若い人々とともに「人間による安全保障」の思想を継承し、「核も戦争もない平和な地球を子供たちへ!」という歴史的使命の達成に向かって、決してあきらめず前進することを誓います。

地球市民とともに核兵器廃絶の実現を!!

ナガサキ マスト ビー ザ ラスト

2016年(平成28年)8月9日

被爆者代表
井原 東洋一(とよかず)

【岩田からの一言】
よくぞ、本音を言って下さった!」。

オバマ氏のいい加減なスピーチをもって、アメリカによる原爆投下という、未曾有の犯罪に対する免罪符としてはならないと思う。

私の印象に強く残っているのは、
オバマ氏が、折り鶴を二つ折ったこと。
だが、アメリカの核兵器を一発も減らしていないこと。

いま、核兵器の先制使用をしないこと、その他で提案を検討していると伝えられている。

大統領任期切れのオバマ氏の平和活動に期待する声もあるようだ。

しかしながら、現職の大統領として解決しなかった核問題を、
大統領の任期がきれたあとに、そう簡単に前進させることは出来ない。

本当に少しでもやる気があるのなら、
居間、ジュネーブで始まっている、国連軍縮作業部会に、責任ある人物を派遣すべきである。

それすらを実行しないオバマ氏の何を信じるべきなのか?
[PR]

by kenpou-dayori | 2016-08-10 10:01 | 核廃絶・脱原発


<< 憲法便り#1832:「被爆者だ...      憲法便り#1830:『憲法便り... >>