2016年 08月 15日

憲法便り#1847:「終戦」はごまかしの表現である!「敗戦」なのだ!戦争体験・戦跡・慰霊碑(19件)の一覧リスト

2016年8月15日(月)(憲法千話)

憲法便り#1847:「終戦」はごまかしの表現である!「敗戦」なのだ!戦争体験・戦跡・慰霊碑(19件)の一覧リスト(*各項目にリンクしています)

「敗戦」ではなく、「終戦」という無主語の表現が、マスコミでの多く使われているが、
これは戦争を始めた指導者の戦争責任を免罪する表現に繋がる。

主戦派は、本土決戦、一億玉砕を掲げて、日本国民を、悲惨な敗戦に導いた。
大本営発表を唯々諾々とながし続けたマスコミも、主戦派の勢いを止められないばかりか、
国民を戦争へと駆り立てた。

いま、安倍政権は、中国、北朝鮮を利用して危機感を煽り、
新たな戦争政策を推し進めている。

私は、戦争体験者として、いかなる戦争にも、反対である。
国際紛争は、話し合いによって解決すべきである。

さきの戦争の記憶を止め、安倍政権の戦争政策をストップするため、
『憲法便り』のこれまでの記事の中から、戦争体験・戦跡・慰霊碑(19件)の一覧表をここに再録する。

カテゴリ:戦争体験・戦跡・慰霊碑( 19件 )


[PR]

by kenpou-dayori | 2016-08-15 10:21 | 戦争体験・戦跡・慰霊碑


<< 憲法便り#1848:太平洋戦...      憲法便り#1846:明日から... >>