岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2016年 08月 15日

憲法便り#1852:昭和39年7月の『憲法調査委報告書』その他に基づく新連載開始について

2016年8月15日(日)(憲法千話)

憲法便り#1852:昭和39年7月の『憲法調査委報告書』その他に基づく新連載開始について

昨8月14日付『憲法便り#1846』で、下記の通りお伝えしましたが、慎重に著作権関係の確認を行いましたので、今日からの連載の準備は整いませんでした。

従いまして、明8月16日からの連載開始と致します。

なお、今日、内閣法制局総務課に連絡を取り、下記の①から③までの資料の利用については、問題がないことが、確認出来ましたので、これらの部分から掲載を始めます。

全体の構成については、最終的に調整致します。

①憲法調査会『憲法調査会報告書』(昭和三十九年七月)より。
 1.はじめに 
 2.海外調査について
 
②憲法調査会『憲法制定の経過に関する小委員会報告書』より。
 「戦争放棄条項の提案者」について

③『憲法制定の経過に関する小委員会議事録』議事録より
 1.『憲法制定の経過に関する小委員会第十六回議事録』(昭和三十四年一月二十二日)
 2.『憲法制定の経過に関する小委員会第十七回議事録』(昭和三十四年二月十二日)
 3.『憲法制定の経過に関する小委員会第十八回議事録』(昭和三十四年二月二十六日)
*********************************************
2016年8月14日(日)(憲法千話)

憲法便り#1846:明日から、昭和39年7月の『憲法調査会報告書』その他に基づく連載を掲載します。(改訂版)

著作権、及び資料利用の許諾の手続きがありますので、掲載まで時間を要する記事もありますが、次の内容で、連載を考えています。
ただし、多少の増減があるかもしれません。
関連して、増えることの方が多いと思います。

これらの資料は、現在執筆途上にある、論文『日本国憲法成立史の実証的再検討』のために数年前に収集したものですが、最近『東京新聞』が報じた『マッカーサー書簡』が話題になっていますので、事実関係をより正確にするために、その背景を含めて、全容を明らかにするものです。

①憲法調査会『憲法調査会報告書』(昭和三十九年七月)より。
 1.はじめに 
 2.海外調査について
 
②憲法調査会『憲法制定の経過に関する小委員会報告書』より。
 「戦争放棄条項の提案者」について

③『憲法制定の経過に関する小委員会議事録』議事録より
 1.『憲法制定の経過に関する小委員会第十六回議事録』(昭和三十四年一月二十二日)
 2.『憲法制定の経過に関する小委員会第十七回議事録』(昭和三十四年二月十二日)
 3.『憲法制定の経過に関する小委員会第十八回議事録』(昭和三十四年二月二十六日)

④『憲法調査会総会議事録』
 1.『憲法調査会第八回総会議事録』(*吉田茂からの書簡を含む)(昭和三十二年十二月十八日)
 2.『憲法調査会第二十四回総会議事録』(昭和三十四年一月二十一日)(別添 高柳論文「押しつけ憲法論の否定および日米合作論の論拠」(昭和三十九年三月一八日 第百二十四回総会)

⑤憲法調査会『高柳会長とマッカーサー元帥及びホイットニー準将との間に交わされた書翰』(昭和三十四年二月)
 目次
 1.高柳会長からマッカーサーへ(1958.12.1)
 2.高柳会長からホイットニーへ(1958.12.1)
 3.ホイットニーから高柳会長へ(1958.12.4)
 4.マッカーサーから高柳会長へ(1958.12.5)
 5.高柳会長からマッカーサーへ(1958.12.10)
 6.高柳会長からホイットニーへ(1958.12.10)
 7.マッカーサーから高柳会長へ(1958.12.15)
 8.ホイットニーから高柳会長へ(1958.12.18)

⑥幣原道太郎(独協大学教授)著『先考喜重郎の戦争・戦力放棄論ー憲法第九条提案説について』(1975)
 *著者は、幣原喜重郎の長男

[PR]

by kenpou-dayori | 2016-08-15 20:23 | 憲法調査会の報告書


<< 憲法便り#1853:高柳会長と...      憲法便り#1851:最高のお言... >>