岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 01日

憲法便り#1890:年頭20話(その2)東京都が入札条件として指定する、共同企業体の内容・・・「がんじがらめ」の実例!

2017年1月1日(日)

憲法便り#1890:年頭20話(その2)東京都が入札条件として指定する、共同企業体の内容・・・「がんじがらめ」の実例!

平成25年12月27日(金曜日)付『東京都公報』(特定調達公告版)の第1頁、2頁のコピーです。(現物は、A4サイズ)
ここに示す事例は、7者(7社のこと)による、共同事業体(JV)が条件付けられている。
参加する企業の一位から七位までの出資比率、都道府県知事あるいは国交省による、技術、業績評価の指数提出の基準を事細かに指示している。
これでは、最初から、応札できる条件は、1,2の共同企業体に限られてしまう。
したがって、この点について、批判的検討を加える必要があると考える。
c0295254_16023011.jpg


c0295254_16030608.jpg




[PR]

by kenpou-dayori | 2017-01-01 16:04 | 豊洲新市場・都政改革


<< 憲法便り#1891:年頭20話...      憲法便り#1889:年頭20話... >>