2017年 01月 10日

憲法便り#1912:年頭第21話 日経新聞も書かざるを得なかった「アベノミクスの破綻」

2017年1月10日(火)
(一覧しストに戻るのは、ここをクリック)

憲法便り#1912:年頭第21話 日経新聞も書かざるを得なかった「アベノミクスの破綻」

私が日常的に定期購読しているのは、『東京新聞』と『しんぶん赤旗』であるが、『産経新聞』と『日本経済新聞』にも目を通す。
今回、ここで取り上げるのは、2016年12月23日(金)付の『日本経済新聞』一面のトップ記事です。

「構造改革なき歳出増 アベノミクスに綻び」
この見出しの後、次のような指摘をしている。
「第2次安倍政権発足後5度目の予算案は、円安や超低金利の追い風に頼るアベノミクスの短期主義の綻(ほころ)びを示す。

他は省略するが、本質をはっきりと言い切っている。
c0295254_22270492.jpg





[PR]

by kenpou-dayori | 2017-01-10 22:46 | 経済政策・日銀


<< 憲法便り#1913:『憲法便り...      憲法便り#1911:年頭20話... >>