岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 11日

憲法便り#1914:年頭第22話 「ハイドンもびっくり?」・・昨年最も印象に残ったクラシックコンサート

2017年1月11日(水)

憲法便り#1914:年頭第22話 「ハイドンもびっくり?」・・昨年最も印象に残ったクラシックコンサート

クラシックコンサートの話題を三回続けてお届けします。
第1回は、バッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン・・・あのハイドンの作品の話です。

2016年3月19日、東京芸術劇場、東京ニューシティ管弦楽団の第104回定期演奏会で、
ハイドン(1732-1809)の『トランペット協奏曲 変ホ長調』を聞きました。

トランペット奏者は、松山萌さん。
オーケストラをバックに、舞台の中央で、堂々たる演奏をしました。
プロフィールには、12歳からトランペットを始めた、とあります。

ハイドンがこの作品を世に送り出した時代には、女性のトランペッターが演奏することは、予定されていなかったことと思うと、
この演奏を聞いているだけで楽しくなってきました。

トランペットの演奏はかなりの肺活量を必要としますので、以前は、女性にはとても無理と思われていました。
しかし、現在は、女性の体格もよくなり、さまざまな分野での活躍が見られます。

次はどのようなことにであうのか、楽しみです。
c0295254_21480880.jpg

c0295254_21484707.jpg




[PR]

by kenpou-dayori | 2017-01-11 21:49 | 音楽・舞台芸術・芸能・映画


<< 憲法便り#1915:年頭第23...      憲法便り#1913:『憲法便り... >>