2017年 01月 12日

憲法便り#1917:「年頭第25話 通信制の中学校を描いた感動の記録映画『まなぶ』を紹介します」

2017年1月12日(木)(憲法千話)
(一覧しストに戻るのは、ここをクリック)

憲法便り#1917:「年頭第25話 通信制の中学校を描いた感動の記録映画『まなぶ』を紹介します」

昨年11月18日(金)、日比谷公園内で開催された、この映画の試写会に行き、通信制の中学校があることを初めて知りました。
当日、監督の太田直子さんのお話がありました。

上映終了後、太田直子さんと話をして、わたしの出来る協力を約束しました。
仙台の知人にこの映画の上映会の開催を検討していただいております。

3月25日(土)から、新宿のK’s cinema において、モーニングロードショウが始まります。
所在地〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目35−13 SHOWAKAN ビル3階

「戦後をひたむきに生きた人たちが、人生の終盤につかんだ青春」
「『学ぶとは、どういうことか』を根底から問いかける映画です」
チラシにある、これらの言葉に、偽りはありません。

安倍政治が生み出した、社会の閉塞状況の中で、オアシスを見つけたような映画。
c0295254_13105760.jpg

c0295254_13114131.jpg

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-01-12 13:31 | 音楽・舞台芸術・芸能・映画


<< 憲法便り#1918:「年頭第2...      憲法便り#1916:年頭第24... >>