岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 01日

憲法便り#1995:第88回中央メーデーに参加してきました!

2017年5月1日(月)(憲法千話)

憲法便り#1995:第88回中央メーデーに参加してきました!

11時の開会に少し遅れましたが、12時半の閉会まで参加してきました。参加者は3万人。

原宿駅を出ると、自由法曹団の多数の方々が共謀罪に反対する呼びかけと共に、
2017年春夏 特集『これが共謀罪です!あなたも逮捕されるかも 共謀罪って、一般の人は関係ないんじゃないの!?』と題するリーフレットを配布していました。
お祭り気分ではなく、緊張感が走ります。

連帯あいさつの後に行われた被災地からの訴え。
政府による、支援打ち切りの冷たい仕打ち。
「まだ道半ばです。声に耳を傾けて下さい。どうぞ忘れないで下さい。』との訴えが、胸を打ちます。

団体決意表明の中で、出版労連の代表は、共謀罪の危険性について、横浜事件に詳しくふれ、憲法第21条を具体的に引用し、共謀罪に強く反対。そして闘う決意を表明しました。
第21条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
 検閲は、これをしてはならない、通信の秘密は、これを侵してはならない。
この条文を、帰宅してから、もう一度読み返しました。

会場近くに、土建関係を中心に、宣伝カーがずらりと並んでいましたが、小型トラックに積まれたデコレーションは、なかなかの力作がそろっていました。カメラを持たずに出かけたのは、失敗でした。
メモをたくさん取ったのですが、疲れているので、二つだけ紹介します。

軍事パレードを思わせるミサイルの模型がありましたが、「ミサイル上げるな、賃金上げろ!」の文字。

意表を突いたのは、これが500億円原寸大と書かれた、大きな立方体。その側面に「みんなんで内部留保を切り崩そう」「大企業の内部留保はこの6000倍、300兆円」

このメモを取っている時、「岩田さん」と声をかけられました。
振り返ると、4月13日にインタビューを受けた、連合通信編集長の伊藤篤さんです。
嬉しい出会いでした。



[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-01 21:36 | 今日の話題


<< 憲法便り#1996:「ベトナム...      憲法便り#1994:4月に収録... >>