岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 16日

憲法便り#2008:平和憲法を歌う感動的な渋谷区立千駄ヶ谷小学校校歌

2017年5月16日(火)(憲法千話)

憲法便り#2008:平和憲法を歌う感動的な渋谷区立千駄ヶ谷小学校校歌

かなり前のことになるが、拙著『検証・憲法第九条の誕生』を贈呈したことへのお礼として、日本共産党国会対策委員長で衆議院議員の穀田恵二さんから、我が家に、お電話と、FAXをいただいたことがあります。


そのFAXには、ご友人から聞いたこことして、渋谷区立千駄ヶ谷小学校の校歌の歌詞が書かれていました。


私は、その歌詞に感激して、憲法講演の中で、胸をつまらせながら、何回か紹介したことがあります。

以前は、千駄ヶ谷小学校のホームページに、作詞、作曲をなさったかたのお名前や、歌詞全体そして楽譜も掲載されていたように記憶しているのですが、最近は見当たらなくなり、残念に思っています。


FAXがかなり薄くなってしまいましたが、3番の歌詞は覚えていますので、紹介します。


3.世界の国に さきがけて

  戦争棄てた 憲法の

  こころ忘れず 取り持って

  平和日本の民となる

  これが我等の将来だ

  これが我等の将来だ 


一度、聞かせていただきたいと思っているのですが・・・・・


[PR]

by kenpou-dayori | 2017-05-16 19:59 | 今日の話題


<< 憲法便り#2009:言論の自由...      憲法便り#2007:法務省への... >>