岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 21日

憲法便り#2058:【忖度狂歌】「夢にまで 追いかけてくる 秋葉原 あんな人たち こんな人たち」(岩田才之助作)

2017年7月21日(金)(憲法千話)

憲法便り#2058:【忖度狂歌】「夢にまで 追いかけてくる 秋葉原 あんな人たち こんな人たち」(岩田才之助作)

この作品、題して「安倍首相の真夏の夜の夢」

安倍首相は、通常は、官僚が書いた文書を読み上げているだけだ。

だから、云々(うんぬん)を、「でんでん」とためらいもなく、読み間違える。
最大の原因は、あまり勉強をしたことがないからだ。

秋葉原の場合は、原稿なしで、「本音」(ほんね:安倍首相が「ほんおん」と読まないように、カナをふっておく。なお仮名と書くと安倍首相が「かめい」と読みそうなので、カタカナにした)を言ったまでのことだが、それが間違いのもとであった。

読み違いならば、笑われてすむことだが、彼の本音は、国民の怒りを呼び起こしたのだ。

もう辞めたほうが、国民のためになる。
国会を解散して、国民に信を問え!

[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-21 20:58 | 川柳・俳句・短歌・狂歌


<< 憲法便り#2059:通算勝利数...      憲法便り#2057:【時事川柳... >>