岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 23日

憲法便り#2064:秋田県の皆様に、大雨・洪水被害のお見舞いを申し上げます!

2017年7月23日(日)

憲法便り#2064:秋田県の皆様に、大雨・洪水被害のお見舞いを申し上げます!

秋田県の秋田市、大仙市、横手市、湯沢市で、一級河川・雄物川の氾濫により、広範囲にわたっての水害が伝えられていますが、その全容は、まだ把握されていません。

秋田県内には、これまで11回にわたって講演にお招きいただいており、上記の各市には友人・知人も多いので、とても心配しています。

大雨の予報が続いているので、今朝、湯沢の友人に電話をかけたところ、「まだ避難勧告は出されていないが、いま、ものすごい音を立てて雨が降っている」と心配していました。

電話の向こうから、激しい雨音が聞こえてきます。こんなことは、初めての経験です。
避難の準備の邪魔をしてはいけないので、早めに電話を切りましたが、無事を祈るばかりです。

湯沢河川国道事務所のホームページによると、雄物川流域では、昔から水害が繰り返し起きており、一覧表にもなっています。
安倍政権は、北朝鮮の「脅威」を利用して危機感を煽り、軍事費ばかりを増大させてきていますが、治山治水こそが、国を治める根本政策だということを、肝に銘じてほしい。

菅官房長官は、湯沢市出身と聞いています。
かれは、雄物川流域のことをよく知っていることと思います。



[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-23 21:49 | 大地震・大雨・洪水・災害


<< 憲法便り#2065:【安倍政権...      憲法便り#2063:安倍昭恵夫... >>