岩田行雄の憲法便り・日刊憲法新聞

kenpouq.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 24日

憲法便り#2068:【安倍政権連続批判第4弾】仙台の杜(もり)が動いた!

2017年7月24日(月)(憲法千話)

憲法便り#2068:【安倍政権連続批判第4弾】仙台の杜(もり)が動いた!

シェイクスピアの四大悲劇のひとつ「マクベス」。
その主人公に対して、3人の妖婆が語った予言のひとつに、
「バーナムの森が攻めて来ない限り、安泰だ」というセリフがある。

マクベスは、「森が攻めて来ることなどありえない」と、暴政をつづける。

だが、ついに「バーナムの森は動き、攻めて来る」。

森に見えたのは、敵兵がカモフラージュのために用いた、木の枝。

国民の苦しみを見ずに、夜な夜な贅沢三昧をしている安倍城にむかって、森が動きはじめた!

下は、2017年7月24日付『しんぶん赤旗』日刊紙一面を借用。
c0295254_11184043.jpg



[PR]

by kenpou-dayori | 2017-07-24 11:19 | 安倍首相への抗議・反論・批判


<< 憲法便り#2069:【安倍政権...      憲法便り#2067:【安倍政権... >>